試験内容|将来の夢に向かう為の第一歩|整体スクールの魅力
レディー

将来の夢に向かう為の第一歩|整体スクールの魅力

試験内容

男性

精神解剖生理学

メンタルケア心理士は受験資格を満たし、その上で試験に合格する事で資格を取得できます。その学習範囲、試験範囲は専門的な内容を多く含み、カウンセリングの上で必要な知識で構成されています。内容としては、「精神解剖生理学」、「精神医科学」、そして「カウンセリング基本技法」があります。また、その他に文章作成といって、学習範囲の事項またはガイドラインから一定の内容を抜粋し、それについて800文字ほどの記述問題を行います。このように厳しい試験を通り抜けた信頼できるメンタルケア心理士のみが、実際に依頼者の相談を受け、カウンセリング業務に就く事ができます。厳しい資格基準を設けているからこそ、カウンセリングを依頼する側からすれば、心を開いて安心してカウンセリングが出来ると言えます。

精神解剖生理学という文字からは、解剖という言葉からイメージするような、医学的で難しい、または体を開いて器官を直接見る解剖のおどろおどろしいイメージがあります。精神解剖生理学はメンタルケア心理士に必要な知識で、人の体がどのような物質でどのような器官があるというような内容です。なぜ、カウンセリングを行うメンタルケア心理士が体の構造を理解する必要があるのかと言うと、それは、心と体の関係に秘密があります。心と体はとても深い所で繋がっているものです。心の病気が体に影響を及ぼす事、また体の不調から心に影響を受けてしまう事があります。そのような関係をメンタルケア心理士は学ぶ必要があるのです。