男の人

将来の夢に向かう為の第一歩|整体スクールの魅力

試験内容

男性

メンタルケア心理士試験は精神解剖生理学、精神医科学、カウンセリング基本技法の中から出題されます。在宅試験が可能で、合格率は大体38%程度です。社会人や医療従事者が多く、働く人の為に役立てる資格です。

詳細へ

資格を取るには

男の人

メンタルケア心理士になる為には、まず受験資格を満たす事が必要です。指定された教育機関で必要とされる知識を学習した人だけが、受験資格を得る事になります。その後、資格試験を受け、合格した人のみが資格を手にします。

詳細へ

在宅介護

男女

高齢者や病気の方をお世話する看護師を目指す方は学校に通う必要があります。専門的な知識を勉強するだけでなく、患者さんとうまくコミュニケーションを取れるように心に付いても学びます。

詳細へ

整体を学べるスクール

整体

東京にはいろいろな整体スクールがあります。将来、整体師になって活躍したい人は、スクールに通うと整体師になることができます。授業料はスクールによって違いがありますが、50万円前後が相場になっています。 50万円程度の料金で、半年から1年程度にわたってスクールで整体の専門的な勉強ができます。卒業時に実施される検定試験に合格すると、整体師の民間資格が授与されます。 趣味や健康の促進のために整体を勉強したい人は、東京にはカルチャーセンターが主催している教室があります。教室の授業料は安く、1万円程度の月謝で整体を勉強することができます。 カイロプラクティックの整体師になりたい人は、カイロプラクティックの専門校に通うことが必要です。授業料は50万円程度の場合が多いです。

日本の整体は大きく分けて、カイロプラクティックと推拿、日本古来の整体の3種類に分類されます。カイロプラクティックは19世紀にアメリカで開発された方法で、推拿は中国で昔から行われている整体です。 日本でこれらの整体を教えるスクールが誕生したのは、戦後になってからです。東京では1960年代頃からスクールが増え、年々増加しました。 2000年代になると整体師になりたい人が激増し、東京では数多くのスクールが開設されました。カイロプラクティックの専門校や推拿の専門校も増え、専門的な整体の勉強ができるようになりました。 2000年代以降は、通信講座を行う整体スクールも登場し、近くにスクールがなくても、自宅で整体の勉強をすることが可能になっています。